理念

終活ジャパン協会は『終活』を通じ、社会をよりよくしたいと願う一般社団法人の団体です。
日本では2011年の東日本大震災以降、人々の社会問題への参加意識が大きく変化し、今後も変化し続けます。
今までボランティアに参加したことの無い若者たちが大勢、復興支援に駆けつけました。
かたや一方で様々な社会問題では、人間社会が複雑になればなるほど同期して、益々複雑化しているように思えます。
例えば、高齢化問題など「福祉を充実」とだけ叫んでいれば良いかと言うとそうでもないことに気付かされます。
そのような社会現象の中、私たちはいったんシンプルに考え

 

   笑顔感謝でつなぐ、ありがとう

 

ということをもっと突き詰めて行きたいと考えております。
ひとり一人の「笑顔」が人と団体をむすび、ひとり一人の「感謝」の輪を徐々にひろげる。
そのことこそが、当協会が目指しているところです。


経緯

私たちは、平成24年5月に『孤立死を減らし法令順守で遺品整理を行う会』を設立しましたが、死後の遺品整理を行う前に『今、私たちが出来ること。』を第一に考え直す事が重要だと再認識し、平成24年7月2日 終活支援団体エンディング総合支援サポートの会(会長 池田智裕)に名称を変更し各専門分野のプロの人達を集め再結成、孤立死・孤独死を減らす活動を行う事と、生前相談や生と死を真剣に見つめ、生前に自分らしいエンディングを行う人たちを応援し、生前予約や生前契約を通じて不安を軽減するとともに、人生のエンディングを前向きに考え、そして各専門分野の人達に気軽に相談が出来る体制づくりをして、シニアライフのワンストップでサポートを行います。


沿革

平成24年5月/孤立死を減らし法令順守で遺品整理を行う会 設立

平成24年7月/エンディング総合支援サポートの会 名称変更

平成27年9月/一般社団法人終活ジャパン協会に組織と名称変更